ネットワークビジネス勧誘しないで自宅でサクッと仲間をふやそう!

ネットワークビジネスはもう辛い勧誘をしないで成功!自宅でコッソリ友達に知られずサクッとダウンメンバーを増やす方法を悩めるあなたに公開します!!

記事一覧

ネットワークビジネス勧誘で知らなきゃいけない法律はごぞんじ?

ネットワークビジネス勧誘で守らなければいけない法律があるのをご存知でしょうか?

ネットワークビジネスはビジネスです。ビジネスならば当然、法律で規制されたり、守られたりしています。
ネットワークビジネスの勧誘で知っておかなければならない法律はいくつかあります。
勧誘するとき、勧誘の話をするとき等場面場面で、知っておかなければならない法律が存在します。

どんな法律があるのでしょうか?

まずは、特定商取引法という法律の中に、連鎖販売取引という項目があります。

その中で、禁止行為として法第34条に

特定商取引法は、統括者または勧誘者が契約の締結についての勧誘を行う際、取引の相手方に契約を解除させないようにするために嘘をつくことや威迫して困惑させるなどの不当な行為を禁止しております。具体的には以下のようなことが禁じられています。

1. 勧誘の際、または契約の締結後、その解除を妨げるために、商品の品質・性能など、特定利益、特定負担、契約解除の条件、そのほかの重要事項について事実を告げないこと、あるいは事実と違うことを告げること。
2. 勧誘の際、または契約の締結後、その解除を妨げるために、相手方を威迫して困惑させること。
3.勧誘目的を告げない誘引方法(いわゆるキャッチセールスやアポイントメントセールスと同様の方法)によって誘った消費者に対して、公衆の出入りする場所以外の場所で、特定負担を伴う取引についての契約の締結について勧誘を行うこと。

引用:特定商取引法ガイド
http://www.no-trouble.go.jp/what/multilevelmarketing/


と書いてあります。

このほかにも、サプリメントなどの栄養補助食品などの販売については、薬事法の規制を受けます。

ということは、

法律を守っこそネットワークビジネスの勧誘は合法


law001.jpg

ネットワークビジネスの勧誘に関しては、決していい噂ばかりではありません。むしろ、イメージが悪い印象があるのでが実態のようです。
それはなぜか?

強引な勧誘に原因があるのではないでしょうか?
どういうことか?

上に記載した3つの法律を守ってないからです。
1.の重要事項について事実を注げないこと、あるいは事実と違うことを告げること。
たとえば、「メンバーになるには、スターターキット代に10,000円がかかる」という事実があったとすると、それを勧誘の時に告げていない。
また、努力なしには、報酬は得られないのに、「月収100万円なんて簡単に達成しちゃうよ」のように事実に反することを告げること。
要するに、「うそはつくなよ」ということですね。

2.は、そのままですね。脅して契約とれたって、続くわけないですよね。これは、度が過ぎると、脅迫罪にも問われかねませんよね。

3.は、基本的に連絡を取ったときに「こんど会いたいんだけど。そのとき、ネットワークビジネスの話をするね」と、合う趣旨をつたえなければなりません。もし、そのことを告げないで会㋒場合、2人きりにはならない、そのビジネスを行うにあたって、初期投資が必要な場合は勧誘してはいけない、ということです。

これを守っていれば、ネットワークビジネスの勧誘は、合法なんです。

合法な勧誘をしてもうまくいかない


law002.jpg

法律を守って、勧誘すれば大丈夫です。
大丈夫ですというのは、法に則っている、という意味で、成功するということではありません。

勧誘は法律を守ったからといって、契約をとれるものではありません。これは通常のビジネスでも同じです。
ようするに、勧誘の仕方が問題なんです。

あなたは、どのような勧誘をしていますか?
あるいは、どのような勧誘をされたことがありますか?

勧誘者本人がやたらテンション高くて、大きな夢を語って、成功した人を大勢知ってるって吹聴して、あなた、今の生活で満足?な~んて言ってませんか?

これでは、勧誘された方は、「おいおい、なんだこいつ、ねずみ講?」「ちょっとやばくね」って思いますよね、きっと。
いくら法律を守っても、こんな勧誘していたら、付いてくる人いませんよね。
友人・知人にも噂が広まって、もう声を掛ける人もいなくなりますよ。

勧誘なんてやめちゃえば?


law003.jpg

そんな、うまくいかない勧誘なんて、いっそのことやめちゃえばいいんじゃないですか?
「えっ?何言ってるの。勧誘しなきゃ始まらないんじゃないの?」という声がきこえてきそうですよね。

勧誘やめても、ネットワークビジネスができる方法を、大きい声じゃ言えませんが、
あなただけに。。。

ネットワークビジネス、勧誘しないで、サクッと成功ダウンゲット術!


ネットワークビジネス勧誘で成功する1+4の法則

ネットワークビジネス勧誘をしているあなた。そう、あなたです。
ネットワークビジネスに対して「夢」を持ってますか?
「月収100万円欲しい」「いい車に乗りたい」「高級マンションに住みたい」等々、ありますよね。

そのためには、たくさんの人に声をかけて、勧誘して、成約までこぎつけなければなりません。
成約までこぎつけても、ダウンさんをフォローして、ラインを繋げていかなければ、あなたの「夢」は叶いません。

その「夢」が叶う、つまり「成功」するためには当然目標を立ててますよね?
勧誘をいつまでに、何人に声をかけて、いつまでに何人ダウンさんを獲得して、そのダウンさんをどのようにフォローしてラインを増やして行くか?

ご理解いただいている通り、成功するためには、目標が必要なんです。
1+4の最初の1は目標なんです。

やみくもにやっても、成功する確率はものすごく低いことは想像できますよね。
「いい車に乗りたい」抽象的ですよね。値段、快適性、安全性、「いい車」とは人によって考え方が違います。

では、その車を購入するには、資金はいくらかかるのか、何年で資金を貯めるのか、何年ローンで支払うのか。

こういった、具体的なことが目標になるんです。
目標を立てたら、その目標を達成するために計画を立てることが必要です。

長期、中期、短期と分けて計画を立てる


pdca002.jpg

まず、その「夢」を何年後に達成したいか。
例えば、5年後に月収500万円の車を購入したい、を目標にしたら、単純計算1年で100万円ですよね。

さらに、一年で100万円貯める、を目標としたら、半年後、1ヶ月後にはいくら貯めてなければいけないか、を計算します。そうすると、何人を勧誘して、何人成約しなければいけないか、具体的に考えなければなりませんよね。

そして、もっと細かく今週は何人に連絡とって、何人成約を取らなければいけないか。そのためには今日何をする。このぐらい具体的にしなければいけないことを、落とし込んでいかなければ、永遠に「夢」は現実にはならないこともご理解いただいていると思います。

これが1+4の4の1番目です。

計画を立てたら、それを実行する


pdca003.jpg

立てた計画を実行しなければ、計画を立てた意味がありません。「夢」が「夢」で終わってしまいます。
まずは、実行することです。

慣れないうちは、欲張った計画を立ててしまいがちです。そうすると、計画倒れになってしまう可能性が大です。

初めは、少し緩い計画の方がいいかもしれませんね。その方が、実行できた実感が感じられ、続けられると思います。
慣れてきたら、少しハードルを上げてみるといいかもしれませんね。

これが1+4の4の2番目です。

実行したら、それを検証する


pdca004.jpg

立てた計画が、できたのか、できなかったのか。あるいはどこまでできたのか。
計画に対して、実行したことを、振り返ってみることが必要です。
振り返ることによって、できなかったことが、なぜできなかったかを明らかにすることができるんです。

あるいは、できたことが一つでもあれば、それは自信に繋がって行くでしょう。
振り返ること、つまり検証することによって、自分の強みと弱みがわかってくるのです。


これが1+4の4の3番目です。

検証したら、できなかったことの改善策を考えて、次の計画に活かす


pdca005.jpg

自分の、強みと弱みが分かったら、次のステップです。
できたこと、できなかったことは、どのような方法で実行したか、結果はどうだったのかを検証します。

できたことも、もしかしたらもっと上手く、あるいは効率よくできたのかもしれません。
できなかったことも検証することで、なぜできなかったのかが分かれば、次に活かすことができます。

できたことも、できなかったことも、改善できることがあるはずです。

トヨタ自動車は、失敗したこと、あるいはもっと良い製品を作るために、なぜを5回繰り返して改善策を考えているそうです。
そうすることによって、できなかった、あるいは良いものをを作るための本当の理由がわかるのだそうです。

できなかった本当の理由がわかれば、次の計画は実現できる可能性はかなり大きくなります。

これが1+4の4の4番目です。

なぜなぜ分析(なぜなぜぶんせき)とは、ある問題とその問題に対する対策に関して、その問題を引き起こした要因(『なぜ』)を提示し、さらにその要因を引き起こした要因(『なぜ』)を提示することを繰り返すことにより、その問題への対策の効果を検証する手段である。トヨタ生産方式を構成する代表的な手段の一つである。
引用:wikipedia「なぜなぜ分析」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%81%AA%E3%81%9C%E5%88%86%E6%9E%90


これを、毎回繰り返すのです。世間ではPDCAと呼んでいます。この言葉は、聞いたことがある方も多いでしょう。これが1+4の4のことです。

PDCA


pdca006.jpg

P(PLAN):計画を立てる
D(DO):実行する
C(CHECK):検証する
A(ACTION):改善策を実行する


これを繰り返すことによって、「夢」が「現実」に近づき「実現」するのです。

ここまで、偉そうなことを書いてきた私も、ちゃんとしたPDCAができない一人なんです。ですから、自戒の念も込めてこの記事を書いています。

一人でPDCAをするのは大変ですよね


pdca007.jpg

当然、意志の強い人は一人でもできるでしょう。
でも、たいがいは、途中で挫折してしまいがちです。

私も一人だったら、このような記事を書こうと思わなかったかもしれません。
私には、それができる仲間がいます。
一人では、挫折してしまうようなことも、仲間がいれば助け合えるんです。

仲間入りしたい人は。。。。   大歓迎です。

ネットワークビジネス、勧誘しないで、サクッと成功ダウンゲット術!

ネットワークビジネスで勧誘する前に女性に地ならししてもらおう!

ネットワークビジネスを展開している男性陣に一つの提案です。
ネットワークビジネスを展開するにあたって、ハードルが高いものの一つが勧誘ですよね。
その勧誘をする前に地ならしを女性にしてもらうのはどうでしょう。

女性蔑視ということではなくて、所属するコミュニテイーの違いを活用するのです。
男性、特にサラリーマンは基本のコミュニティーは会社ですが、女性は、近所の井戸端会議、女子会、ママ友、PTA等色々なコミュニティーに属している人が多くいます。
そこで、男性が展開しているネットワークビジネスに理解を示して、製品を愛用している、奥様やお母様等に活躍してもらうのです、

女性はコミュニケーション能力に長けている


jyosi002.jpg

男性は前述した通り、会社が基本ですのでそこのコミュニティーでネットワークブジネスの勧誘をするのは難しいかと思われます。
しかし、女性は、色々なコミュニティーに属していて、しがらみが少なく、井戸端会議や女子会の中で、「うちの旦那(息子)がこんな製品を愛用していて、私も使ってみたらとってもよかったの」という話をさらりとしてもらうことによって、「何それ、詳しく教えて」とならないとも限りません。製品いついては自身が愛用しているのだから、良いと思ったものは自信を持って勧めてくれると思います。

しっかりと興味を持ってもらったところで、旦那(息子)が、会社のこと、ビジネスプランのことについて、説明すれば少なくとも拒否反応はないのでしょうか。ビジネスに参加されなくても、「私も使ってみようかしら」と言ってもらえることで、更なる波及効果が望めます。その人がいいと感じてくれたならば、黙っていてもその人が別のコミュニティーで「あそこの奥さんに教えてもらったんだけど。。。」と二時的宣伝をしてくれるかもしれません。

男性が苦手なところを家族の女性が助け合う、理想ではありませんか。


jyosi001.jpg

つまり、見込み客を増やすことにつながるのです。見込み客に中にはビジネスに興味をもってくれる人も出てくるでしょう。
この時代、今すぐ客というのは少ないと思います。どれだけの見込み客を獲得できるかが勝負です。

ですから、奥様やお母様のお力が必要なのです。
男子は一つのことにこだわって話をする習性がありますが、女性はコロコロ話題が変わる習性があるようです。私の知り合いにも、ファミレスで5時間も話をして、そろそろ帰ろうかとなて、会計を済ませた後で駐車場で、また30分も話をしている人がいました。話題が尽きない中で、話題が変わった時に、さりげなくネットワークビジネスで扱っている製品をアピールしてもらえばいいのです。

その時は、興味を示さなかった人も、少したって、「そういえばあそこの奥さん、こんなサプリや化粧品の話をしてたわよね」なんて、思い出してもらえば見込み客一人ゲットです。あとは、カタログやホームページで体験談などをみてもらって、その気になってもらえば、今すぐ客に早変わり、な〜んてこともありえると思います。

でも、この提案は、家族が製品を愛用していることが条件です。家族が愛用して、ビジネスについても理解してくれていれば、こんなに頼もしい人たちはいません。

ご家族の協力で、勧誘する前に地ならしができている、素晴らしいではありませんか。
地ならしというと語弊があるかもしれませんが、言い換えれば、ネットワークビジネスで扱っている製品について、種をまいてくれているんです。奥様や、お母様が機会あるごとにさりげなく製品のことに触れてくれる、それを続けることで、芽が出て、葉がひらく、花が咲いて実がなったところで、ご主人(息子さん)の出番です。製品の詳しい話、ビジネスの話をして、実を収穫する、つまり、愛用者やダウン獲得に繋がっていくわけです。

でも、協力してくれるご家族がいない場合は?


jyosi003.jpg

中には、ご家族の協力が得られなかったり、女性がいらっしゃらなかったり、と今までの話が実行できない方もいらっしゃいますよね。

でも、ご心配なく。そんな方には、こんな方法もあるんです。

ネットワークビジネス、勧誘しないで、サクッと成功ダウンゲット術!
勧誘したくないバナー.png
Copyright © ネットワークビジネス勧誘しないで自宅でサクッと仲間をふやそう! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。