ネットワークビジネスの会社はたくさんありますが
その中でも健康食品(サプリメント)を扱っている会社はダントツに多いですよね。
勧誘の際も、カラダのこと、健康のことうたって誘う会社が多いような、、^^


最近の流行りは”水”に関するものも!!
えっ!!ネットワークビジネスでお水も!?
と思うかもしれませんが
健康食品(サプリメント)や化粧品と合わせて
”炭酸水” ”水素水” ”水”。。。も
勧誘の際の話で、環境、地球にやさしいって言葉もよく聞きますよね^^


スクリーンショット 2017-11-26 0.36.17.png


ちょっと脱線しちゃいましたが、、

医療の現場でも
医療提供や療養の「付随業務」として健康食品の販売や
アドバイスが解禁なってるんですよね。




規制改革実施計画(平成 26 年 6 月 24 日 閣議決定)において、医療 機関におけるコンタクトレンズ等の医療機器やサプリメント等の食品の販売 については、これが可能であることを明確化し、周知を行うこととされていま す

スクリーンショット 2017-11-26 7.48.56.png


http://www.anti-aging.gr.jp/pdf/info20140828.pdf厚生労働省医療局



でも、西洋医療が主な日本では、対処療法的治療の一環として薬を処方しますが
予防医学的な治療(原因療法)にはまだまだ理解が少ないようです。



私の知人で実際にあった話

原因不明な難病の彼女は
カラダの免疫力を高めるために、あるサプリメントを飲んでいたのですが
主治医にその話をしたところ、
そんなものは効かないから飲まないほうがいいと言われたそうです。

そのサプリメントを調べようともせずにです。
ドクターであれば、患者さんのカラダを一番に考えるのでは?
と思うんですけどね。。


かと思えば、

親戚の叔母は
ガンを患って入院中に友人からあるサプリメントをお見舞いにいただきました。
主治医に相談すると、

「ちょっと調べるから待ってね」

そう言って数日後に
これはガンを患った◯◯さんには、とても効果があるものかもしれない
と言ってある論文をの一節をプリントしたものを見せてくれました。

そのサプリメントの成分がもたらす効能・効果を示して、
◯◯さんはすばらしいお友だちを持って幸せですね^^
と言ったそうです。


スクリーンショット 2017-11-26 0.38.41.png


日本では薬事法とかがあって ”⚫︎⚫︎に効くサプリ” と謳って販売することはできませんが、
欧米では、ドクターズサプリは「自然医学医師(自然療法医)」らが
開発したサプリメントで治療用と位置付けられているようです。

海外のサプリメントのメーカーの中にはこういった品質の高いサプリメントを扱う会社も多いようですね。

スクリーンショット 2017-11-26 0.38.11.png


どうせなら、そういうサプリメントのネットワークビジネスに勧誘されたらいいなって思うけど、、
やはり口コミで勧誘されるのはもうたくさんかも^^

今どきはネットでサクッと勧誘らしい