ネットワークビジネス勧誘の生体験談



もし、あなたにネットワークビジネスをされた経験があるのなら・・
きっと勧誘から学んだ生の体験談が、あれこれあるのではないでしょうか?

ネットワークビジネス勧誘する側もされる側も、両方の経験がある、私の体験談をお話しますね。

ビジネスメンバーとして、ネットワークビジネスの参加されたのであれば、きっと私と同じように勧誘する側・される側の2つの経験があるはずですね。

まず、
ネットワークビジネスの入り口は?【勧誘される側】でしょうね。

私は、姉の友人から勧誘され、ネットワークビジネスという未知の世界に足を踏み入れたのが、かれこれ23年も前のことです。

ネットワークビジネスが、一時大ブームになった「あの頃」ですよ^^

勧誘されたときは、何も先入観がなかったまっさらな私は、素直に姉と一緒にビジネススタートをしました。
(かなり珍しいかも?)

ここが、実は問題だったのです??

私は、別名「素直ちゃん」と呼ばれるほど真っ直ぐな人で、ネットワークビジネスの仕組みと製品に魅力を感じ感動したのです。

だから、きっと「あの子もこの子も同じように感じて一緒にビジネスするだろうな」と信じていたのです。

そこで、仲の良い友達、同級生、会社の同僚、先輩、親戚などに勧誘しまくりました。
きっと、ネットワークビジネスの魅力を感じてくれると信じて・・・2年間頑張りました。

ところがどっこい・・・

勧誘した人からは、私が何かに洗脳されているとばかりに、

「もう辞めたら?」
「あの人が変な噂してたよ」
「こんな話するならもう連絡しないで」
「結局、自分が儲けたいだけでしょ?」

こんな心無い言葉を浴びせられたという体験談です。

勧誘体験談が私に教えてくれた真実



book-2170910__340.jpg


自分の人脈を2年もかけて総あたり勧誘したのに、ダウンができるどころか、友達がどんどん離れていく辛さ・・

「これがネットワークビジネスの勧誘の現実か」と痛感せざるをえませんでした。
ネットワークビジネス自体を毛嫌いする人たちが予想以上にたくさんいるという現実を知りました。

人はつい自分と同じものさしで、相手を捉えてしまうことがありますよね。
若いころの私は、まさにその典型でした。

自分を違った価値感を持つ人が多いと感じるとともに「私って変わり者なのかなー?」とか。

型にはまったことを嫌い、人が躊躇することを物怖じせずにやってしまう傾向がある私ですが「なんでもやてみないとわからない」と行動できる人は現実は少ないのかもしれませんね。。

ということで、
ネットワークビジネスというものが、世間ではあまり評判がよろしくないという真実を勧誘は教えてくれました。

勧誘が教えてくれたものはとてつもなく大きく、そして、今の私のビジネスの原動力になっているという体験談でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

勧誘をやめた私がとった次の一手とは?