12月に入り、イルミネーションも華やかになり、クリスマスの雰囲気が高まってきました。

ネットワークビジネス勧誘に、このクリスマスパーティーや忘年会は利用できないでしょうか?
クリスマスパーティーには、おそらくおろいろな形式があり人数も大人数から少人数までさまざまだと思います。
また、出席者も会社員、OL、主婦、フリーランスの方々など多様かと思われます。

ここで、ネットワークビジネス勧誘ができれば、おおきなチャンスではないでしょうか。

こんな提案はいかがでしょうか。


xmasparty001.jpg

パーティーによっては、プレゼント交換(これはちょっと古いか)、ビンゴゲーム、抽選会等、景品が当たる催し企画があると思います。
そこで、各参加者が景品を持ち寄る場合、あなたは自分が参加しているネットワークビジネスの製品を景品として提供するのです。(会社によってはダメな場合も有るので、アップに確認してください)
主催者が、景品を用意する場合には、何とか頼み込んで、一点だけ自分の分を入れてもらうのです。

ビンゴや、抽選が始まり、景品が当たるとだれもが、中身を確認します。
そのとき、「これどこのサプリメント?」や「どこの化粧品?」な~んて声が聞こえたら、そこに行って
「じつは、こういった会社の製品で、使った感想が聞きたいんだ」と話を持ちかけます。
このとき、勧誘の話はしてはいけません。あくまでも「使った感想を聞きたい」にとどめておくのがポイントです。
冒頭で、こんな勧誘が・・・と書きましたが、話をするという意味にとってください。

これで、LINEでもメールアドレスでも、電話番号でも交換できれば、見込み客1人ゲットです。

相手から連絡があれば、確実客に近づくでしょう。うまく話を持って行けば、愛用者からビジネスにも興味を持ってくれるかもしれません。
相手から連絡がなかった場合、使っていたらなくなるころ
「あのときの、製品どうでした?」
と感想を聞きます。

「いい感じ、続けて使ってみたい」と言われれば、この方も確実客に近づくでしょう。
「別に、いままで使ってたものでいいわ」と言われたら、何が良くなかったのか、感想だけ聞きます。もともとが、感想を聞きたいと言って交換した連絡先ですから。
そして、深追いせず、スパッとあきらめましょう。

ただ、この提案にはデメリットもあります。
100%連絡先を交換できる保証がないことです。
また、ネットワークビジネスの会社名を言ったら、「プレゼント自体いらない」と言われる可能性もあります。
これは、あなたのトーク術にも関わってきますが。。。

もっと大きなデメリットがありました。

年末に何回パーティーに参加できるでしょうか?


xmasparty002.png

提案しておいて、こんなこと言うのもなんなんですが、参加できるパーティーをさがすのも大変だし、
無料のパーティーなんて、あまり聞いたことないし、参加費用だって、安くて3000円、5000円、髙ければ10000円。
何回出られますか?

費用対効果が悪すぎる。

冒頭、提案があるんですけど、なんて書いて、すいません。無理ですね。


費用対効果が良い方法見つけました


xmasparty003.jpg

パーティーに参加する方穂は、労力も、お金も時間もかかります。
費用対効果が悪すぎますね。

そこで、いい方法を見つけちゃったんです。

パソコン、タブレット、スマホのいずれかを持っていれば、可能なんです。できればパソコンの方がいかな。
もちろん、インターネット環境は必要です。

これさえあれば、無駄なパーティーに出なくてもいいんです。
さらに、勧誘しなくてもいいんです。

こんなことで、ネットワークビジネスができるのかって?

できちゃうんです。
最後まで読んで下さったあなただから、お教えします。

大きな声じゃ言えないけれど小さな声じゃ聞こえない。JOKE,JOKE!!

ほんとに、最後まで読んでくださった、あなただからお教えします。

ネットワークビジネス、勧誘しないで、サクッと成功ダウンゲット術!

Christmasもパーティーも関係ありません。