2017年11月の記事一覧

ネットワークビジネスはもう辛い勧誘をしないで成功!自宅でコッソリ友達に知られずサクッとダウンメンバーを増やす方法を悩めるあなたに公開します!!

月別アーカイブ:2017年11月

ネットワークビジネスで勧誘する前に女性に地ならししてもらおう!

ネットワークビジネスを展開している男性陣に一つの提案です。
ネットワークビジネスを展開するにあたって、ハードルが高いものの一つが勧誘ですよね。
その勧誘をする前に地ならしを女性にしてもらうのはどうでしょう。

女性蔑視ということではなくて、所属するコミュニテイーの違いを活用するのです。
男性、特にサラリーマンは基本のコミュニティーは会社ですが、女性は、近所の井戸端会議、女子会、ママ友、PTA等色々なコミュニティーに属している人が多くいます。
そこで、男性が展開しているネットワークビジネスに理解を示して、製品を愛用している、奥様やお母様等に活躍してもらうのです、

女性はコミュニケーション能力に長けている


jyosi002.jpg

男性は前述した通り、会社が基本ですのでそこのコミュニティーでネットワークブジネスの勧誘をするのは難しいかと思われます。
しかし、女性は、色々なコミュニティーに属していて、しがらみが少なく、井戸端会議や女子会の中で、「うちの旦那(息子)がこんな製品を愛用していて、私も使ってみたらとってもよかったの」という話をさらりとしてもらうことによって、「何それ、詳しく教えて」とならないとも限りません。製品いついては自身が愛用しているのだから、良いと思ったものは自信を持って勧めてくれると思います。

しっかりと興味を持ってもらったところで、旦那(息子)が、会社のこと、ビジネスプランのことについて、説明すれば少なくとも拒否反応はないのでしょうか。ビジネスに参加されなくても、「私も使ってみようかしら」と言ってもらえることで、更なる波及効果が望めます。その人がいいと感じてくれたならば、黙っていてもその人が別のコミュニティーで「あそこの奥さんに教えてもらったんだけど。。。」と二時的宣伝をしてくれるかもしれません。

男性が苦手なところを家族の女性が助け合う、理想ではありませんか。


jyosi001.jpg

つまり、見込み客を増やすことにつながるのです。見込み客に中にはビジネスに興味をもってくれる人も出てくるでしょう。
この時代、今すぐ客というのは少ないと思います。どれだけの見込み客を獲得できるかが勝負です。

ですから、奥様やお母様のお力が必要なのです。
男子は一つのことにこだわって話をする習性がありますが、女性はコロコロ話題が変わる習性があるようです。私の知り合いにも、ファミレスで5時間も話をして、そろそろ帰ろうかとなて、会計を済ませた後で駐車場で、また30分も話をしている人がいました。話題が尽きない中で、話題が変わった時に、さりげなくネットワークビジネスで扱っている製品をアピールしてもらえばいいのです。

その時は、興味を示さなかった人も、少したって、「そういえばあそこの奥さん、こんなサプリや化粧品の話をしてたわよね」なんて、思い出してもらえば見込み客一人ゲットです。あとは、カタログやホームページで体験談などをみてもらって、その気になってもらえば、今すぐ客に早変わり、な〜んてこともありえると思います。

でも、この提案は、家族が製品を愛用していることが条件です。家族が愛用して、ビジネスについても理解してくれていれば、こんなに頼もしい人たちはいません。

ご家族の協力で、勧誘する前に地ならしができている、素晴らしいではありませんか。
地ならしというと語弊があるかもしれませんが、言い換えれば、ネットワークビジネスで扱っている製品について、種をまいてくれているんです。奥様や、お母様が機会あるごとにさりげなく製品のことに触れてくれる、それを続けることで、芽が出て、葉がひらく、花が咲いて実がなったところで、ご主人(息子さん)の出番です。製品の詳しい話、ビジネスの話をして、実を収穫する、つまり、愛用者やダウン獲得に繋がっていくわけです。

でも、協力してくれるご家族がいない場合は?


jyosi003.jpg

中には、ご家族の協力が得られなかったり、女性がいらっしゃらなかったり、と今までの話が実行できない方もいらっしゃいますよね。

でも、ご心配なく。そんな方には、こんな方法もあるんです。

ネットワークビジネス、勧誘しないで、サクッと成功ダウンゲット術!


ネットワークビジネスのしつこい勧誘って何?

先日、Yahoo知恵袋を見ていたら、
”職場の先輩からしつこくネットワークビジネス・・・”
というタイトルで、相談が載ってました。

”職場の先輩からしつこくネットワークビジネスの勧誘をされて困っています。
小さな会社で事務職をしています。
てんてこまいな毎日ですが仕事内容も気に入っており、人間関係のストレスもありません。
大好きな職場です。
私の他にもう1名女性が事務員として働いているのですが(私の先輩にあたります)、彼女が最近ネットワークビジネスにはまり、あの手この手で勧誘してきます。
何度断ってもへこたれません。
どういう断り方をすれば諦めてくれるでしょうか?”
・・・・”
引用:Yahoo知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1489904519


なんでこの先輩は、しつこい勧誘をして来るんでしょうね。しつこい勧したって結果は見えていますよね。
一部のネットワークビジネス会社の話だとは思いますが。。。
しつこい勧誘は嫌われるってわかっているはずなのに。。。


なぜ、ネットワークビジネスのしつこい勧誘はなくならないのか


shitsukoi001.jpg

どこのネットワークビジネスの会社も、会員数を増やしていかなければ、売り上げは上がりませんからね。
それは、必死だと思います。これは一般のビジネスでも営業をして契約先あるいは案件数を増やさなけっれば売り上げが上がらないのと構造は同じです。

一般のビジネスの場合、会社対会社だから無茶な営業は出来ませんが、ネットワークビジネスの場合、個人対個人になることが多く、一人でも多く会員数を増やすことが、直接自身の報酬にも関係してくるし、アップからも「勧誘しろ」、「セミナーに連れてこい」等とプレッシャーを掛けられていることも要因としてあるでしょう。

一般のビジネスでは会社対会社だから無茶は出来ないと書きましたが、会社内ではノルマもあるでしょうし、上司からの叱咤激励もあるでしょう。営業成績が良ければボーナスや昇進といったインセンティブだってあります。ブラックと言われる企業は別にして、一般的な企業の営業で、「こんなしつこい営業がいやだ」なんてあまり表に出ません。仮にあったとしても、上司なりが大人の対応をして解決しているのでしょう。

ネットワークビジネスでは、アップが一般企業で言う上司に当たるのかもしれませんが、そのアップが問題を収めるどころか、「まだサインアップできないのか?」「いつまでかかってるんだ」と煽ってしまているのではないでしょうか。

セミナーでも、製品の良さをアピールせずに、成功者の体験談ばかり聞かされて、その気にさせている、と聞いたことがあります。
こんな状態では、しつこく勧誘してしまう人もでますよね。

しつこい勧誘をしない方法はないのでしょうか


shitsukoi002.jpg

しつこい勧誘をするもう一つの要因に、結果をすぐに求める体質があるのでしょう。
結果は逆だと思うんですけどね。人間はされたことに対して、反発する動物だと聞いたことがあります。しつこくすればするほど、逃げていくんですね。
これを続けても、時間と体力の浪費だけで何も得るものは、ないように思うのですが。。。

ネットワークビジネスは、勧誘をしないと始まらないビジネスですから、当然勧誘は必要な行為です。ただ、一人に対する勧誘の度合いが問題なんですよね。

だったら、勧誘はするけど断られたら、しばらくほっとけばいいんだと思います。多少なりとも興味がある人ならば、「あれっ、最近何にも言ってこないな。どうしたんだろ」な〜んて思ってくれるかもしれません。そんな頃を見計らって、もう一度声をかければいいんです。それで、断られたら、もう諦めて次へ行く、ぐらいの考え方じゃないと、「しつこい」レッテルだけ貼られて、仕事もプライベートも付き合いにくくなるだけでしょう。

つまり、タネをまいて、育てて行くことを考えればいいんです。100個タネをまいて、1個収穫できれば御の字と思えば、勧誘だって苦しくないんじゃないでしょうか。1個タネをまいて、1個育てるのは効率が悪すぎると思うんです。一人の人にそれだけのパワーを掛けられるのだったら、十分できると思うんですけどね。

しつこい勧誘は、ネットワークブジネスのイメージを悪くするだけです。本来、しつこい勧誘は法律にも反します。(ネットワークビジネスと法律についてはこちらをご覧ください)

今は、しつこい勧誘をしなくてもいい方法があるんです


shitsukoi003.jpg

興味を持ってない人を勧誘するより、少しでも興味を持っている人を見つけた方が効率よくありませんか?

それが、私の提案する方法です。

ネットワークビジネス、勧誘しないで、サクッと成功ダウンゲット術!

ネットワークビジネスに健康食品で勧誘されるのが1番多い気がする!

ネットワークビジネスの会社はたくさんありますが
その中でも健康食品(サプリメント)を扱っている会社はダントツに多いですよね。
勧誘の際も、カラダのこと、健康のことうたって誘う会社が多いような、、^^


最近の流行りは”水”に関するものも!!
えっ!!ネットワークビジネスでお水も!?
と思うかもしれませんが
健康食品(サプリメント)や化粧品と合わせて
”炭酸水” ”水素水” ”水”。。。も
勧誘の際の話で、環境、地球にやさしいって言葉もよく聞きますよね^^


スクリーンショット 2017-11-26 0.36.17.png


ちょっと脱線しちゃいましたが、、

医療の現場でも
医療提供や療養の「付随業務」として健康食品の販売や
アドバイスが解禁なってるんですよね。




規制改革実施計画(平成 26 年 6 月 24 日 閣議決定)において、医療 機関におけるコンタクトレンズ等の医療機器やサプリメント等の食品の販売 については、これが可能であることを明確化し、周知を行うこととされていま す

スクリーンショット 2017-11-26 7.48.56.png


http://www.anti-aging.gr.jp/pdf/info20140828.pdf厚生労働省医療局



でも、西洋医療が主な日本では、対処療法的治療の一環として薬を処方しますが
予防医学的な治療(原因療法)にはまだまだ理解が少ないようです。



私の知人で実際にあった話

原因不明な難病の彼女は
カラダの免疫力を高めるために、あるサプリメントを飲んでいたのですが
主治医にその話をしたところ、
そんなものは効かないから飲まないほうがいいと言われたそうです。

そのサプリメントを調べようともせずにです。
ドクターであれば、患者さんのカラダを一番に考えるのでは?
と思うんですけどね。。


かと思えば、

親戚の叔母は
ガンを患って入院中に友人からあるサプリメントをお見舞いにいただきました。
主治医に相談すると、

「ちょっと調べるから待ってね」

そう言って数日後に
これはガンを患った◯◯さんには、とても効果があるものかもしれない
と言ってある論文をの一節をプリントしたものを見せてくれました。

そのサプリメントの成分がもたらす効能・効果を示して、
◯◯さんはすばらしいお友だちを持って幸せですね^^
と言ったそうです。


スクリーンショット 2017-11-26 0.38.41.png


日本では薬事法とかがあって ”⚫︎⚫︎に効くサプリ” と謳って販売することはできませんが、
欧米では、ドクターズサプリは「自然医学医師(自然療法医)」らが
開発したサプリメントで治療用と位置付けられているようです。

海外のサプリメントのメーカーの中にはこういった品質の高いサプリメントを扱う会社も多いようですね。

スクリーンショット 2017-11-26 0.38.11.png


どうせなら、そういうサプリメントのネットワークビジネスに勧誘されたらいいなって思うけど、、
やはり口コミで勧誘されるのはもうたくさんかも^^

今どきはネットでサクッと勧誘らしい
勧誘したくないバナー.png
Copyright © ネットワークビジネス勧誘しないで自宅でサクッと仲間をふやそう! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。