ネットワークビジネス勧誘しないで自宅でサクッと仲間をふやそう!

ネットワークビジネスはもう辛い勧誘をしないで成功!自宅でコッソリ友達に知られずサクッとダウンメンバーを増やす方法を悩めるあなたに公開します!!

記事一覧

ネットワークビジネスの勧誘ってインターネットで出来るの?

口コミのネットワークビジネスってもう古いよね。。



ネットワークビジネス勧誘って口コミだけだと

思っていませんか?

家族・知人・友人に口コミでネットワークビジネスの

製品を紹介してきて、ビジネスへ勧誘するという

アレですよ。アレ。

インターネットだけで副業できる時代なのに

わざわざアナログ的に人と直接会って製品の

紹介してビジネスへ勧誘することはあまりいないですよね。

アフィリエイトやタイピング代行とかFX、仮想通貨も

パソコン、スマホがあればどこでも出来るのだから

ネットワークビジネスだって進化しています。

もう外へ出て知人・友人と会って勧誘する必要もなければ

セミナーに出向かわなくてもいいのです。

だって、パソコン・スマホがあればどこでも出来るのだから(^-^)

世の中が「楽してお金を稼ぎたい」っていう指向が強まって

きている流れにネットワークビジネスも常に変化し対応して

きているのです。

pdca006.jpg

MLMはネットを使ってこそ最大の力を発揮できる!!



従来の口コミ型のネットワークビジネスだと自分自身の人脈だけが

口コミ対象になりましたよね。

ですが、インターネットを活用するだけでビジネスターゲットが世界中の

人になるわけですよ。

それに加えて、口コミしなくてもこのページを見てくれた人が

興味を持ってメールをくれれば私のところに自動で知らせてくれ、

即座にその相手とコンタクトを取ることができるのです。


ホント、インターネットってすごいですよね。


しかし、ただ闇雲に始めても収入に繋がるわけがないことは

明白ですよね。

スポーツするにしても、勉強するにしても

まずはノウハウを知っておかないと効率的に時間を使うことは

出来ないですよね。

このノウハウを知ってるか知っていないかで得る収入に

大きな差が出てくるのです。

アナタはこの成功できるノウハウを知ってますか??


私はこれで〇〇万円稼いだ!社畜でもできたネット展開術!

ネットワークビジネス、その勧誘の仕方が違法です!

あなたは、ネットワークビジネスに友達を勧誘したことがありますか?

間違った勧誘をすると、違法になってしまいますよ!


「久しぶりに会わない?お茶でもどう?」

などと言って、「セミナーに参加してほしい」

という説明をせずに誘ったりしていませんか?


それから、

「絶対儲かる話なの」
「誰でも稼げるの」

なんていうこと、言ってしまったりしていませんか?

ネットワークビジネスは、
確かに、誰にでも簡単に参加出来ますし、
成功するチャンスもありますが、
100%成功できるわけではありません。

違法.jpg

ネットワークビジネスにも法律がある


ネットワークビジネスは「連鎖販売取引」
と呼ばれているのですが、

「特定商取引法」
という法律によって管理されています。

その中で、
「他人を勧誘する際は
目的を前もって伝えなければならない」
とうたわれています。

なので、セミナーへのお誘いが目的なのにもかかわらず、
その目的を告げず、誘い出すというのは、
「違法」です。


また、ネットワークビジネスは、
「誰でも稼げる」とか
「簡単に儲かる」とか

事実とは異なることを伝えても

「不実の告知」

と判断されてしまうため、これもまた

「違法」になるのです。


ネットワークビジネスを始めた人が、
最初に勧誘する相手は、

ほぼほぼ、身内や友達関係が多いですね。
だからこそ、うっかり「違法」行為をしてしまうのです。

友達だから、知っている人だから、
『伝えやすい』と思うのでしょう。

ところが、

「話しやすい」というのと

『伝えやすい』というのはちょっと違う気がするのです。


「話しやすい」なら勧誘は上手く行くの?


ネットワークビジネスに
勧誘されて嫌な気分になる人が多いと聞きます。

それなのに、いい話だから
いいものだからと、一生懸命勧誘して、
嫌がられて、あげくの果てに「違法」!

目も当てられません。

どうしてこんなことになってしまうのでしょうか?

先に書いた、

「話しやすい」と『伝えやすい』に

違いがあるからだと思います。

そもそも、友達というのは、
利害関係が無く、
むしろ
信頼関係で成り立っていることがほとんどでしょう。

だから、「話しやすい」んです。

ところが、『伝えやすい』か?

というとそうでもないのです。

なぜなら、

友達 ≠ ビジネスに関心がある人

だからです。

関心が無い人に、一生懸命に話しても、

伝わらないのです。

伝わるどころか、友達だからこそ、

「怪しいビジネスに関わって大丈夫なの?」

「洗脳されてるんじゃないの?」

などと心配をされてしまったり、

ネットワークビジネスを嫌なイメージで受け止めている人なら、

一生懸命に話しているあなたを見て、

嫌な気持ちになるかもしれません。
そして、最悪の場合、

あなたとの関係に距離を置いてしまったりするかもしれません。

信頼関係を築くには、時間が掛かりますが、

信頼関係を失くすのは、あっという間です。

友達を勧誘する場合には、十分気を付けたいですね。


違法にならない勧誘をするために


勧誘される側からすると、
「嫌だ」「不快だ」、「どうしたら勧誘されずに済むのか?」
という、お悩みを抱えている人も多いのが現実です。

しかし、不思議なことに、
勧誘する場合はどうでしょう?

ネットワークビジネスに「関わっている人」になってしまうと、
勧誘することに違和感が無くなってしまうのも事実です。


もし、あなたが、街でタレントモデルになりませんか?
と声を掛けられたらとしたら、

どんな気持ちになるでしょうか?

嬉しいですか?

怪しいと思いますか?


街で、居酒屋の店員さんにお店に寄って行かないか
と声を掛けられた時、

どんな気持ちになりますか?

お店を探している時だったら、「嬉しい!ラッキー!」と

交渉のタイミング到来!と思うでしょう。


全くアルコールが苦手だったり、関心が無かったら、

鬱陶しいなぁと思いますね。


ここで気付くことは、

声を掛けられると、自分にとって

「嬉しい」ことなのか

「助かる」ことなのか

「迷惑」なことなのか

瞬時にして判断するということです。


こういったことから比較すると、

ネットワークビジネスは、

残念ですが、
「迷惑」な部類に入っているのではないかと思うのです。

だとすれば、

誤った勧誘の仕方をすれば、「違法」になる可能性が大です。

やはりターゲットは、

ネットワークビジネスに関心のある人にした方が

違法行為をしないで済む確率が上がるんです。


ネットワークビジネスに関心がある人


ネットワークビジネスに関心がある人は、

自ら情報を集めています。

ネットワークビジネスに限らず、
興味関心のあることは、

誰でも自分自身で調べようとします。

情報を求めている人は、どこにでもいるのです。

あなたは、情報を集めるのにどうしていますか?

人に聞いていますか?

スマホやパソコンを使って調べていますか?

今や、小学生の宿題でも、

インターネットを使っての調べモノがありますよ!

インターネットを活用して、

関心のある人を集める方法が、今の時代にはあるのです。

ネットワークビジネスに関心がある人をターゲットにするのですから、

うっかりしてしまう「違法」行為も無くなりますね。

友達や身内をダウン候補にしなくていい方法


ネットワークビジネス勧誘をlineバンバンで心折れる・・・

ネットワークビジネスの勧誘にlineは必須


あなたは、ネットワークビジネス勧誘lineを使っていますか?
ほとんどの方が、ネットワークビジネス勧誘lineがないと困るというでしょうね。

それだけ、lineはコミュニケーションを手軽に取れるツールとして、幅広い年齢層に浸透しています。
レンジがないと困るというレベルまできてるのでは?笑

lineが便利な理由


LINE.png
ネットワークビジネスの勧誘相手が友達の場合は、大抵lineで繋がっていますから、相手の都合のいい時間を見つけて電話するよりもお互い気楽で手軽ですよね。

さらに、既読が付くから良くも悪くも相手にメッセージがちゃんと伝わっているかわかるので安心です。

相手が友達でも知人でもなく、パーティーなどで出会った初対面の人だったらどうでしょう?
電話番号をストレートに聞くよりも、lineふるふるしたら繋がるのですから、これまた手軽。
電話番号やメールアドレスだと、名刺でもない限り、メモしないといけない手間が面倒なものです。
聞き間違えや伝え間違いもありますからね。
少々昔はそうでしたよね?

lineってそう考えると、無料で尚且つ超便利で勧誘する側にはもってこいなのですよね。

lineで勧誘が起こすトラブルとは?


ネットワークビジネスの勧誘には、超便利なlineではありますが・・・
使い方を間違えるとトラブルになることは多々ありますね。

しつこくビジネスの勧誘をしてくる。
聞いてもいないビジネスの内容を詳細に送ってくる。

こういうことが重なると、勧誘される側がうんざりモードで下記の行動を起こすでしょう。

・既読スルー
・ブロック


lineは便利ではありますが、嫌がられる勧誘をすると無言で、既読スルー、ブロックという静かなる拒否をされます。

私もされたこと・したことありますよー。
これは、ネットワークビジネスの勧誘ではなくとも、自分には必要ないことをガンガンlineされると、嫌気がさすからでしょう。

とくに、lineチームですね。
盛り上がっている人と、傍観してる人、ブロックしてる人。

lineチームの中でも2割:8割の法則が自然と成り立っています。
やる気のある2割とそうでない8割
これはどの分野でもそうなってると最近強く感じます。

lineは便利な分、リアリティーがあり、ダイレクトなんですよね。
その点メールはワンクッションありな感じです。
届いているか、確認しているかは、送ったほうはわかりませんからね。

それがいいときと、悪いときがある。
何でも2面性があって成り立っていることを考えると、ケースバイケースで使い分けできる空気を読む鋭さもネットワークビジネスの勧誘では必要になってくるのではないでしょうか?

やたらとline連打…
電話よりはマシですけどねー。

lineでバンバン勧誘して心折れる前に勧誘やめて成功しよう!






勧誘したくないバナー.png
Copyright © ネットワークビジネス勧誘しないで自宅でサクッと仲間をふやそう! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。